自分で青汁を購入するときの3つの正しい商品の選び方について

 

青汁といっても世の中には沢山の種類やメーカーの青汁が存在しています。

 

その商品ごとに特徴があり含まれている成分なども違いがあるのです。

 

値段などもバラバラだし、自分が青汁を買いたいと思った時にどんな青汁を選んだらいいか迷うと思います。

 

そこで、青汁の正しい選び方についての説明をしていきたいと思います。

 

無農薬、有機栽培の青汁を選ぶようにします

 

青汁を選ぶ時には無農薬、有機栽培の青汁を選ぶのが良いでしょう。

 

青汁は生の葉物野菜をそのままジュースにしますので農薬などを使っていますと身体の事を考えたら心配になります。

 

また、有機栽培されて作られた野菜の商品にはそれを示す有機JAS認定がついています。

 

青汁の場合は原料の95%以上が有機栽培で作られたものにつけることができます。

 

青汁を選ぶ際には判断基準にすると良いでしょう。

 

添加物の入っていない青汁を選ぶようにします

 

添加物が青汁に入っているからといって健康に害があるわけではありません。

 

添加物が入っている方が苦さなどもなくなり飲みやすくなっています。

 

しかし、その分砂糖やフレーバーを添加しているため加糖されているという意味になるのです。

 

そういった事を考えると、添加物の入っていない青汁を選ぶようにしましょう。

 

値段よりも質の良い青汁を選ぶようにします

 

青汁は値段が高ければ高いほどいいというわけではありません。

 

やっぱり価格が高いもののほうがが栄養素ではなく、有機栽培かなどで値段を決めているのです。

 

また、青汁は種類が沢山あるので色々な種類を飲んでどの青汁が自分に合うかどうかを試してみたいと思う方などは特に価格には、こだわらないようにしましょう。

 

まとめ

 

青汁の種類は様々ありどのような青汁を選んだらいいか考えると思いますが青汁を購入する際には、無農薬、有機栽培、添加物の入っていない、値段が高すぎないといった事に気をつけながら選ぶようにすると良いでしょう。