青汁の主な原材料、ケール、明日葉、ヨモギ、長命草、大麦若葉、

 

昔の青汁は身体に良いけど少し飲みにくかったりしていました。

 

しかしその分栄養価がとても高く普段の食事だけでは補えない栄養素を簡単に摂取することができます。

 

さらには最近は飲みやすくて美味しいタイプの味の青汁も販売しているため青汁を購入して飲む人が増えてきています。

 

青汁には種類が沢山あるので、青汁の主な原材料についての説明をしていきたいと思います。

 

青汁の原材料、ケールについて

 

ケールは青汁の素材として最も有名な野菜です。

 

緑黄色野菜の王様とも呼ばれていて圧倒的な栄養価の高さを誇ります。

 

食物繊維はもちろん、その他の栄養バランスも優れています。

 

一般に不味いと言われていたのはケールが素材となっているからです。

 

青汁の原材料、長命草について

 

長命草は最近になって青汁に配合されることが増えてきた原材料の1つになります。

 

沖縄県などの海岸沿いに自生しています。

 

青汁の原材料、大麦若葉について

 

苦味が少なく非常に飲みやすいくて美味しいというのが特徴となっています。

 

その為粉末タイプの青汁で水や牛乳に溶かして飲むタイプのものでは大麦若葉を原材料に使うのが一般的になってきているようです。

 

青汁の原材料、明日葉について

 

明日葉は八丈島が原産の植物で非常に生命力が強いのが特徴となっています。

 

特有成分であるカルコンには老廃物を排出させる働きがあり、デトックスの効果が期待されている側面もあります。

 

青汁の原材料、ヨモギについて

 

血行を促進する効果があるため、免疫力を高めてくれます。

 

まとめ

 

青汁の原材料には、ケール、長命草、明日葉、ヨモギなどがあります。

 

それぞれにはみんな違う特徴や、効能があるのです。

 

青汁を買って飲む際に苦味があっても飲める方は大丈夫なのですが、なるべく甘く飲みやすい青汁を飲みたいと考えている方は、青汁の原材料の大麦若葉が原材料として使われている青汁を購入すると良いです。

 

このような原材料から作られているため青汁は、栄養素が高いのです。